動的治療前
動的治療後
【コメント】
 成長期の上顎前突(出っ歯)症例です。
 ヘッドギア(口外装置)による上顎成長を抑制を行い、第2大臼歯が生えてきた段階で、再評価を行いました。非抜歯では出っ歯の改善が完全には行えないと判断し、抜歯によるマルチブラケット治療を行いました。抜歯部位は上顎左右4番目の歯、計2本。
 ヘッドギアだけでは充分に出っ歯が改善できなかったケースですが、成長期に少しでも口元の突出感や上下顎の前後的ギャップを骨格的レベルで改善しておくことは大変重要なことです。
No.2-2.上顎前突 抜歯症例