動的治療前
動的治療後
【コメント】
 重度の上顎前突(出っ歯)症例です。
 抜歯によるマルチブラケット治療を行いました。抜歯部位は上顎左右中間の歯、計2本。下顎は非抜歯で配列しました。
 上下の歯のサイズがアンバランスであったことと、下顎叢生の解消の補助として下顎切歯のストリッピング*を行いました。
 
*ストリッピング
:歯のサイズを調整するためにヤスリで削り歯幅を小さくすること。
歯の表面はエナメル質という痛みを感じない硬い材質でおおわれているいるので、問題はなく時にとられる手法です。
No.2-3.上顎前突 抜歯症例